忍者ブログ

2017
04
18

プリウスの特徴


トヨタのプリウスが販売されたのは1997年、
それからも新型はいくつか登場しています。

それではハイブリッド プリウスの特徴について
見ていきましょう。

ハイブリッドカーの購入を検討しているのであれば、
すでにご存知かもしれません。

プリウスの買い替えを予定されている方は、
是非、30系プリウスの下取り査定 で確認され、
買い替えを検討してください。

プリウスのメカニズムは、
ハイブリッドシナジードライブメカニズムと呼ばれています。

モーターとエンジンの長所を採り入れたシステムです。
発進はモーターだけです。

また、走行中でも可能な限りエンジンを停止して、
モーター走行に切り替わります。

これはプリウスのモーターが、強力なパワーを持っているからできることです。
また、内部の制御はきめ細かく、燃費向上を図っています。

現行型プリウスは、燃費以外の付加価値を追求し、
低重心化やシステムの小型化といった改善によって、
走りの面で大きな進化を遂げています。

燃費性能だけでなく、動力性能、足回りともに
高い評価を与えられるモデルと言えるでしょう。

PR

2017/04/18 (Tue.)

2017
02
04

査定と車のコンディション

車を買い取ってもらう時、とくに次のことを注意してください。
車のコンディションがどうなのか、買い取り業者も重視するポイントです。
・経過年数と車のコンディションは、どうしても仕方ないところ
普通の使用範囲で、年数による汚れ、キズなどは、あまり査定価格に関係しないときもありますし、経過年数だけで評価が下がることもあります。
・エンジン状態も査定と大きく関係
車の心臓部ですから、かかりが悪い場合、経過年数はそれほどなくても、査定額は低くなってしまうでしょうね。

・エアコンの状態、オーディオのコンディションも査定に関係
音楽好きな方はオーディオ類もプラス評価してもらいたいですね。

「関連記事」
 プリウスの特徴

2017/02/04 (Sat.)

2017
02
03

進化した4代目 新型プリウス

進化した4代目となる新型プリウスは、2015年12月に発売されています。

ハイブリッド技術にさらに磨かれ、「Toyota New Global Architecture」を初めて採り入れ、
優れた環境性能をベースに、ハイブリッドシステムの軽量・コンパクト化や、
ボディの高剛性化を図り、大胆なスタイリングにに変化されました。

また、ハイブリッドシステムも進化し、熱効率を40%以上に高めたエンジン、
トランスアクスル、モーター、電池といった各ユニットを、
よりコンパクトに、そして軽量化し、優れた低燃費、40.8 km/ Lを実現しております。

「関連記事」
 プリウスの特徴

2017/02/03 (Fri.)

2017
01
13

自動車学校の合宿免許

今すぐ自動車免許が必要なあなた!
やっぱり、一番早いのは、自動車学校の合宿免許です。あせる気持ちはわかります。
しかし、ちょっと待ってください。どうせとるなら、少しでも安い自動車学校の合宿のほうが良いとおもいませんか?
ちゃんと教えてもらえる自動車学校が良いおもいませんか?

それだけではありません。
そんなあなたに自動車学校の選び方、合宿免許の選び方について、ご紹介します。

学校の合宿免許を選ぶときに、気をつけるポイントは、やっぱり、その内容です。
料金にどこまでの費用が含まれているかをしっかりチェックしましょう。
通常は、教習及び合宿にかかわる食費、宿泊費等は、含まれていますが、追加の教習費用、検定費用などが含まれている場合と含まれていない場合などがあります。

まだ未取得で、ここで免許を取ったあかつきには、念願の車、中古車を持ちたい人がいます。
とくにハリアー好きで、中古車の30系ハリアーの査定相場がどうなっているのか、興味をもっているんだそうです。
うまくいくといいんですけどね。

2017/01/13 (Fri.)

2017
01
13

中古車選びでの販売店

中古車選びで何より大切になってくるのが、販売店選びです。
自社に整備工場があるお店もいいですね。車に対する専門知識があるお店という事になります。

年数の経った車でもきちんとメンテナンスなどの対応をしてくれます。
あと、アフターサービスがきちんとしているお店を選びましょう。


また稀少価値のある車でない限り、色んな販売店を見るのが大切です。

安いだけでなくきちんと説明してくれるお店で買うようにしましょう。
よいお店で中古車選びをすることが一番大切です。

2017/01/13 (Fri.)

2017
01
13

中古車購入時の諸費用

中古車の購入に対し、購入する前にどんな費用があるのか知っておくことが必要です。
ではどのような費用がかかるのかチェックしましょう。

・まずは車検です。
車検が何年残っているかは、表示されているところがほとんどですがない場合は確認しましょう。

・次に税金です。
自動車重量税は車検が残っている場合、支払う必要はありません。まだ車検が残っている車の方がお得ですね。

・また登録費用・車庫証明法定費用も必要です。
販売店によっては整備費用を別途請求されることがあるので注意しましょう。

2017/01/13 (Fri.)

リンク

カテゴリー

最新記事